製品案内

トップページ >  製品案内 > 薬事関連商品 > 超音波頸動脈血流モニター

超音波頸動脈血流モニターFURUHATA


「FURUHATA」は世界初の日本人にも適用できる栓子検出機能付超音波頸動脈血流モニターです。既存の栓子検出装置「経頭蓋超音波ドプラ(TCD)」(頭部測定)は、日本人には適用できませんでした。その問題点を解決し、適用率100%を実現しました。
 脳梗塞の危険性を早期に発見し、的確な診断・治療をサポートします。FURUHATAは、東京慈恵会医科大学との共同研究です。
平成23年度経済産業省「課題解決型医療機器等開発事業」採択テーマ

既存のTDC問題を解決


■頸部測定により適用率100%
 欧米では主流のTCDは、日本人の身体的特徴※ から適用する患者数が少なく、日本では浸透していません。
プローブを頸部に貼付し、頸部動脈で測定する事によって、全ての人に適用できるようになりました。
これによって日本でも脳梗塞の早期発見・予防治療に役立ちます。
※日本人は頭蓋骨が厚い為、頭部で測定するTCDは血流の測定が困難

■貼付型プローブと固定具による簡単操作
 今までの測定には、頭蓋骨を通して血管を探索する為、熟練の技能を必要としていました。
頸部測定は、プローブを首に貼り付けるだけで簡単に装着でき、誰でも簡単に短時間で測定できます。

医療現場における使用例


栓子モニタリング画面


・血流波形の表示
・栓子識別表示
・気泡識別表示
・解析用波形表示(I波Q波)
・トレンド表示
 -TAMV(平均血流速度)
 -PSV(収縮期最高血流速度)
 -EDV(拡張末期血流速度)
 -HR(心拍数)
 -PI(脈動係数)
 -RI(抵抗係数)
・印刷機能

仕様

各部名称


脳梗塞予防診断,栓子検出装置,TCD, 超音波血流モニター,予防医療,FURUHATA,
▲このページのトップへ